【スペイン】サンチャゴ・ベルナベウでレアルマドリードの試合を観てきました!

表紙サッカー

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

2019年6月14日、ある日本人サッカー選手がレアルマドリードに移籍し話題になりました。

レアルマドリードは国際サッカー連盟世界ランキングで1位を誇るスペインの超名門クラブ。

そのレアルマドリードに移籍したのが「久保建英選手18歳」です。
これからの彼の活躍に期待しましょう。

さて、レアルマドリードの本拠地はサンティアゴ・ベルナベウですが、現地でサッカー観戦をしてきました。

この記事では現地で観戦したからこそ体験できた、サンティアゴ・ベルナベウを紹介します。

スポンサーリンク

世界最強クラブ「レアルマドリード」

レアルマドリー

チームの歴史

レアルマドリードのクラブ創立は1902年、ホームタウンはスペインの首都マドリードです。

クラブ創立から27年後の1929年から始まったスペインリーグ「リーガ・エスパニョーラ」では初年度にタイトルを獲得しております。

その後もタイトルを積み重ね、2019年時点では国内リーグの優勝回数33回を誇るなどの圧倒的な実績があります。
なお同じくスペインリーグに所属するライバルのバルセロナは26回です。

これらの実績が評価され、2000年12月には国際サッカー連盟および国際サッカー歴史統計連盟より20世紀最高のクラブの称号を授与されており、まさに世界最強サッカーチームと言えるでしょう。

サンティアゴ・ベルナベウ

レアルマドリードのホームグラウンド「サンティアゴ・ベルナベウ」はマドリードのビジネス街の一角に位置しています。

場所はこちら。

サンティアゴ・ベルナベウは1947年に設立され、収容人数は8万人を超える巨大なスタジアムです。(東京ドームの収容人数:5万5000人)

エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ

サッカーの試合がない日でも、スタジアムを一目見ようと世界中から観光客が集まります。

サンティアゴ・ベルナベウは首都マドリードの象徴でありスペインの主要観光スポットの1つとなっています。

スポンサーリンク

現地観戦当日

スタジアム周辺の様子

ここからは試合観戦当日の内容をご紹介します。

まずは試合前のスタジアム周辺の様子をご覧ください。

スタジアムの前に大きな車が数台停車し、「何があったんだろうか」と見ていると車の中から警備の馬と犬が現れました。

日本では見られない光景で印象的でした。

スタジアムの内側

スタジアム周辺を歩き回り堪能したところで、スタジアム内に入場です。

マドリード市街

陽も沈みあたりが暗くなり雰囲気がでできました。

世界最強クラブレアルマドリードの試合が現地で見られると思うと嬉しく、幼い頃から1番好きなサッカーチームだったので夢が1つ叶った瞬間でもありました。

今回わたしが観戦した対戦カードはレアルマドリード vs ラス・パルマス

スターティングメンバーには当時在籍していたスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手やガレス・ベイル選手などが名を連ねた豪華な布陣。

レアルマドリードが圧勝すると予想していましたが、結果は3-3の引き分け。しかも試合終了残り5分までラス・パルマスが2点リードという驚きの試合展開でした。

現地で試合を観戦しての感想は以下の3つです。

①スタジアムでの応援は静かで、トッププレーヤー達が魅せるサッカーをゆっくりと見て楽しむファンが多く驚いた。

②スタジアム内外には日本のスタジアムとは違った独特な雰囲気があり、この雰囲気に取り込まれ夢中になった。

③日本でもレアルマドリードが来日し、親善試合を行うことがあるが「選手の本気度」が違う。サンティアゴ・ベルナベウでのレアルマドリードこそ本物だと思った。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

このサッカー観戦は渡航費やチケット代など高額な費用がかかりましたが、「現地でサッカー観戦をしてよかった」と心から思っています。

この日にスタジアムで見たもの、感じたことは「一生の財産」となりました。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました