【実体験】ヨーロッパ寝台列車で国際交流をしませんか?

表紙 海外旅行

こんにちは。

ヨーロッパでは飛行機移動より鉄道移動を好む、まさどな(@km_nh8)です。

わたしは鉄道でヨーロッパ周遊(ドイツ→フランス→イタリア→ドイツ)をし、その旅の途中で寝台列車テロ(Thello)に乗車しました。

今回は「ヨーロッパ寝台列車の魅力」を紹介します。

本記事を読めば、ヨーロッパ寝台列車に乗ってみたいと感じていただけます。

スポンサーリンク

寝台列車テロ(Thello)とは

フランスとイタリアを結ぶ夜行列車

寝台列車
寝台列車テロ(Thello)は、フランスの鉄道会社ヴェオリア・トランスポートとトレンイタリアが合弁で設立した民間鉄道会社

最高時速は「約180km」でフランスとイタリアを結ぶ夜行列車です。

今回利用した寝台列車は以下の通り。

 ・移動線路:パリ → ミラノ

 ・移動時間:約11時間

 ・座席クラス:クシェット(6人部屋)

座席クラスは5種類

座席にはいくつかのクラスがあります。

個室寝台個室寝台個室寝台クシェットクシェット
1人部屋2人部屋3人部屋4人部屋6人部屋

▽クシェットのメリット

 ・世界中の旅人とつながることができる

 ・とにかく安く移動できるため、浮いたお金を旅の娯楽に使える

スポンサーリンク

クシェット(6人部屋)のメンバー

まさどな
まさどな

どこの国籍の旅人が来るのかワクワクする。

ヨーロッパだからドイツ人、イタリア人、スイス人あたりかな?
いやいや、アフリカ人?南米?日本人だったらせっかくの機会だから悲しいな。

そう思っていましたが、予想もしなかった結果が待ち受けていました。なんと、

アルゼンチン家族5人+わたし

まさか5人家族と一緒になるとは思いもしませんでした。完全アウェイです。

クシェット(6人部屋)体験談

正直なところ、最初は戸惑いました。6人部屋だったので、少なからずひとり旅をしている方がいると思っていたからです。

5人家族となると、そこには既にコミュニティが結成されているため2つの不安が頭をよぎりました。

 ・バックグラウンドが異なる家族の輪に入り、国際交流ができるのか?

 ・ひとりで孤独に過ごすことにならないだろうか?

そういった不安もありましたが、目的地ミラノに着く頃には不安になっていた自分がバカバカしく思えるくらいの素晴らしい出会いでした。

クシェット(6人部屋)で学んだこと

走り出す青年たち

わたしたち日本人が「海外の文化」に関心があるように、外国の方も「日本の文化」に興味を持っています。

アルゼンチンはスペイン語を母国語をする人が大半で、アルゼンチン家族は、長男だけが英語を話すことができました。

そのため、長男が通訳をして会話を楽しむこともありましたが、「ジェスチャー」や「その場の勢い(感情で伝える)」でコミュニケーションをとることも多々あり言葉を話せなくても外国人と友達になれることを実感しました。

コミュニケーションを通して文化の共有をしたり、国の情勢を語り合ったりしました。その一部を紹介します。

 ・アルゼンチン国民の30%程度が無職で貧しい国

 ・給料は日本の4分の1

 ・チリとアルゼンチンは歴史的観点から因縁の仲

他にもグルメや観光地、日常生活の話をするなど国際交流を楽しみました。スマートフォンに保存している写真を互いに見せ合うなど、自慢合戦も繰り広げられました。

楽しく、そして貴重な体験ができました。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

 ・どの国籍の方と同じ部屋になるかが分からない「ワクワク感」

 ・国際交流を通して「異文化」を学べる

 ・「外国人の友達」を作ることができる

寝台列車には魅力が詰まってます。
ひとり旅をする旅人は、ぜひ寝台列車のクシェットを利用してみてください。

ベッドは狭く、電車も揺れるので気分が悪くなる方もいるかもしれませんが、それもまた旅の醍醐味です!

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


一人旅ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました