【スペイン】カンプ・ノウでFCバルセロナの試合を観てきました!

表紙 サッカー

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

スペインリーグに所属するFCバルセロナ。FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」でサッカー観戦をしてきました。

サッカーファンなら誰もが楽しめる聖地のような場所でした。

スポンサーリンク

FCバルセロナ

クラブヒストリー

サッカーファンでない方でもFCバルセロナをご存知の方が多いのではないでしょうか。

世界のスーパースターと称されるリオネル・メッシ選手が所属しているチームです。
2017/18年から「楽天株式会社」がクラブのメインスポンサーに選ばれたことでも話題になりました。

Rakuten、バルセロナの新メイングローバルパートナーに
日本企業のロゴが、 ユニフォームの胸に入り、2017年7月1日以降から、4シーズンに渡り、イノベーションとエンターテイメントのグローバルパートナーとなる。

FCバルセロナの創立は1899年、ホームタウンはその名の通りバルセロナです。
レアルマドリードの創立は1902年ですので、FCバルセロナの方が歴史あるチームと言えます。

2019年時点でのタイトルは

・国内リーグ優勝:26回
・国王杯(国内カップ戦)優勝:30回
・UEFAチャンピオンズリーグ(欧州カップ戦)優勝:5回

申し分のない実績を誇るサッカークラブです。

カンプ・ノウの所在地

カンプノウ

これが「カンプ・ノウ」です。

FCバルセロナのユニフォームを身にまとい、カンプ・ノウでプレーをした日本人は現時点ではいませんが、日本からも多くのサッカーファンがカンプ・ノウを訪れサッカー観戦をしています。

▽カンプ・ノウの所在地

スタジアム近辺のホテルを予約すると、公共交通機関を利用したスタジアムへの移動が省けるため便利だと思います。

また、試合時間が遅かったり、混雑による移動トラブルの心配もないので安心です。

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

収容人数

スタジアムの収容人数は99,354人です。

世界中からFCバルセロナのサッカーを観ようとサッカーファンが集まり、大勢のファンで埋め尽くされるスタジアムは圧巻です。

カンプノウ

「サクラダファミリア」や「グエル公園」など建築家ガウディが設計した観光地と並び、「カンプ・ノウ」も世界中から人気を集めている場所となっています。

スタジアムツアーも開催されているので、機会があればぜひ参加してみてください。

スポンサーリンク

現地観戦

スタジアム外での楽しみ方

サッカー好きなら誰もが憧れる場所に相応しい「規模の大きさ」・「スタジアムの美しさ」がカンプ・ノウの魅力の1つです。
あまりのスケールの大きさ、美しさに感動したのを覚えています。

わたしがカンプ・ノウを訪れた際に「日本のJリーグと大きな違い」を感じました。

それは太鼓などの楽器を演奏をし、リズムに乗っているファンがいたことです。

このような光景はまず日本では見られません。
バルセロナ独特の雰囲気がそこにはありました。

試合前も見逃せない

いよいよ念願の試合観戦ですが、
試合前に選手たちのウォーミングアップも行われるので見逃さないようにしてください。

ウォーミングアップは試合開始30分前くらいから始まりました。

世界最高峰の選手たちのハイレベルなボール回しを観るだけでも十分楽しめます。試合を観るのはもちろんですが、試合前のウォーミングアップを要チェックです。

現地観戦での印象

わたしが観戦したカードは「FCバルセロナ vs セルタ」
試合結果はリオネル・メッシ選手の2ゴールを含む5-0で、FCバルセロナの圧勝でした。

カンプ・ノウで現地観戦をしてみての印象を以下にまとめます。

 ①選手入場時の音楽合唱がスタジアム全体で行われるなど、「一体感」・「団結力」が強い。

 ②スタジアム自体が美しいため、サッカー以外でも「芸術」の観点から楽しめる。

 ③選手たちのプレーは観客を魅了するものであり、「鑑賞」という表現が適切。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

スタジアムの雰囲気は、その場に行ってみないと感じることはできません。
チームによってスタジアムの雰囲気は異なりますし、魅せるプレーも各チームの特色があります。

カンプ・ノウの独特な雰囲気を体験してみたい。

そんな方は、ぜひカンプ・ノウに行ってみてください。

カンプ・ノウから放たれる独特の雰囲気を感じ、世界最高峰のプレーの虜になりませんか?一生の財産になること間違いなしです!

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました