東北・山形県が誇る日本百名山「月山」!チェックすべきポイントとモデルコースを紹介

表紙登山

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

東北・山形県の峰「月山(がっさん)」

わたしはこれまで日本百名山16座を登頂してきましたが、富士山に続いて登山客が多い印象を受けました。

月山ってどんな山?モデルコースを知りたい

そんな疑問を解決します。

本記事を読めば、「月山の見どころ」・「登山初心者でも楽しめるモデルコース」を理解できます。

いつか月山に行ってみたい!という方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

月山の基本情報

標識

はじめに、月山の基本情報をおさえておきましょう。

■月山の基本情報
・場所  :山形県
・参考日程:日帰り
・難易度 :初級
・標高  :1,984m
・距離  :5.7km
・所要時間:4時間45分

月山は、同じ山形県に位置する「羽黒山、湯殿山」とともに出羽三山のひとつとして知られています。

あの松尾芭蕉が月山を訪れたことでも有名です。奥の細道では「雲の峯幾つ崩て月の山」と記されています。

山頂の月山神社では、霊峰する登山客も多く見られるなど、見どころ満載の月山。

チェックすべき3つの見どころを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

月山のチェックすべき3つの見どころ

トンボ

月山のチェックすべき見どころは以下の3つ。

 1.山頂の月山神社本宮で参拝を体験
 2.遮るものがない登山道の広大な眺め
 3.あちこちに咲く高山植物の魅力に触れる

順を追って解説します。

山頂の月山神社本宮で参拝を体験

月山神社本宮

見どころの1つ目は、山頂での参拝です。

月山は、先ほどお伝えした通り出羽三山のひとつで、修験道の聖地として信仰を集めています。

月山神社本宮はクルマでのアクセスができないため、お参りをするには登山で山頂を目指すしか手段はありません。

山頂まで頑張って登ってきた分、月山神社での参拝の価値が高まることでしょう。

標高約2,000m付近。「まさに雲の上の世界」とも表現できる月山神社本宮での参拝は一生の思い出になること間違いありません。

なお、御朱印をもらえるのでコレクションにもいいかもしれません。

※月山神社本宮へ参拝するための御祓い料として「1名:500円」が必要になるので、登山時に小銭を持参しておくのを忘れずに。

遮るものがない登山道の広大な眺め

壮大な景色が広がる、登山道から眺める稜線が圧巻です。

月山の見どころ2つ目は、遮るものがない登山道の広大な眺めとなります。

初心者でも楽しめる「姥沢(志津)コース」(後ほど詳しく解説します)は登山道が整備がされており、景色を楽しみながら山頂を目指す道のりは快適そのもの。

あたり一面に広がる大草原や、咲き誇る高山植物の美しさに触れながら山頂を目指していきましょう。

大自然に囲まれた月山でぜひ深呼吸をしてみてください。気持ちがリフレッシュでき、きっとポジティブな感情になるでしょう。

あちこちに咲く高山植物の魅力に触れる

ニッコウキスゲ

月山の見どころ3つ目は、あちこちに咲く高山植物の魅力に触れることができること。

高山植物の鑑賞も登山を楽しむ上での1つのポイント。

先ほどお伝えした通り、遮るものがない登山道の広大な眺めは月山の魅力ですが、

月山の緑と色鮮やかな高山植物のコントラストはわたし達のココロを和ませてくれるでしょう。

スポンサーリンク

初心者に人気!姥沢(志津)コースを解説

リフト

ここからは、初心者でも安心して山頂まで目指せる「姥沢(志津)コース」を解説します。

上山2時間30分、下山1時間45分、山頂での時間(1時間)含め、目安は4時間45分の登山となります。

(※)リフト上駅 → 山頂 → リフト上駅
※リフトで1,500mほどまで行けるコース。大人:往復1,100円

リフトを降りたらいざ登山のスタート。山頂を目指して気合いを入れましょう。

自然

リフトを降りたら先には「緑に囲まれた新鮮な空気と穏やかな雰囲気」が広がっています。

自然の新鮮な空気を存分に体感しながら進んでいきましょう。

緑と標識

スタート地点のリフト上駅からこちらの標識までの所要時間は、おおよそ45分。距離にして1.5kmとなります。

まさどな
まさどな

この標識がリフト上駅〜山頂までの中間地点の目印!

なお、7月下旬の登山でしたが、周辺には(※)残雪もみられました。
※アイゼンが必要なレベルではないです。

45分で中間地点まで登ってきたことで、案外スムーズに山頂まで行けるのでは?

そうお考えの方も多いかと思いますが、ここからはやや大きめの岩や傾斜が現れます。

途中で水分を補給したり、エネルギーを摂取し、無理のないペース(自分のペース)で山頂を目指すのが大切です。

登山道の幅は広く、休憩できるスペースは十分あるので、不安な方はこまめに休憩をとるように心がけましょう。

手軽にカロリーを摂取できるカロリーメイトを持参しておくと安心です。

そして、登山を開始してから2時間30分(3km)

ついに念願の月山 山頂に到着となります。お疲れ様でした。

月山神社本宮でのお参り、山頂からの眺め、月山の大自然に触れるなど、

山頂では「月山ならではの体験」を楽しみましょう。

下山は約1時間45分。来た道をそのまま降りていけばOKです。最後まで気を抜かずに下山しましょう。

スポンサーリンク

月山のチェックすべきポイントとモデルコースを紹介:まとめ

Summary

いかがでしたか?

今回は「東北・山形県が誇る日本百名山「月山」!チェックすべきポイントとモデルコースを紹介」といったテーマでお話ししました。

最後に月山の見どころをまとめておきます。

 1.山頂の月山神社本宮で参拝を体験
 2.遮るものがない登山道の広大な眺め
 3.あちこちに咲く高山植物の魅力に触れる

本記事を読んで、月山に行ってみたいと感じていただければ嬉しいです。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


登山ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました