【語学学習の疑問】どっちが効果的?独学と留学を比較して最適解を考える

表紙教育

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

悩む人
悩む人

語学の勉強は独学と留学どっちがいいかな?

そんな疑問に答えます。

結論、語学の勉強は独学と留学の組み合わせがいいでしょう。

語学力を磨いて外国人との交流を楽しみたい。いつか海外で仕事をしてみたい。海外一人旅をしてみたい。

今回の記事は、そんな志を持った方に向けた内容となります。

すべてを鵜呑みにするのではなく、「一部を真似てみよう」といったように、重要だと感じた項目があれば参考にするのもいいでしょう。

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク

独学と留学を比較(メリット/デメリット)

クエスチョン

さっそくですが、独学と留学それぞれのメリット/デメリットを解説していきます。

独学と留学を理解し、組み合わせることであなた自身にとって最適な学習法を実践してみましょう。

独学のメリット/デメリット

メリット

はじめに、独学によるメリット2つとデメリット1つをお伝えします。

参考にしてみてください。

独学のメリット①:時間/場所を問わず自分のペースで学習ができる

悩む人
悩む人

忙しくてなかなか学習時間が取れない

そんなお悩みを持っている方は独学を効果的に活用しましょう。

例えば、通学(通勤)での移動時間や、通学前(出勤前)の朝の時間、就寝前の時間など、独学であればあなた自身の工夫次第で学習を進めることができます。

学校や職場への移動の合間に単語帳を眺めたり、英語をリスニングしたり、デスクがなくても学習時間を設けることは可能です。

1日たったの10分勉強するだけでも、1年間継続すれば「60時間」を学習時間に充てれます。

上記はTOEICの単語帳ではありますが、使用頻度の高い1,000単語を厳選してくれていて、またスマホサイズでもあり、持ち運びに便利です。

どの単語帳を使えばいいかわからない、という方は上記単語帳を選べばまず間違いはないでしょう。

独学のメリット②:コストを抑えることができる

独学のメリットといえばコストを抑えることができる点も魅力です。

例えば、アメリカに1年間留学をした場合。目安として250万円〜400万円の費用がかかると言われています。

↓参考

語学留学したい方へ!かかる費用、おすすめの国、準備など | 留学くらべーる
語学留学を検討中の方へ。留学費用の相場はいくら?ビザ申請は大変?留学におすすめな国はどこ?など、気になる情報をまとめてご紹介します。複数の留学プログラムを比較検討できる『留学くらべーる』は、おかげさまで利用者数40万人突破しました!

わたし個人の意見としては、留学は得られる経験が多くオススメしたいところ。

但し、単に「留学をしたい」と漠然と渡航するのではなく、留学の目的とゴールを設定することが大切です。

さて、話が脱線してしまいましたが、独学であれば書籍代がかかるくらい。

参考書5冊を買ったとしても1万円程度で済みます。

あなたが語学を身につけることで何を実現したいのか。何をスキルとして定着させたいのか。

費用対効果を鑑みると、独学の方が適しているという方もいるかと思います。自身に今一度問いかけてみましょう。

独学のデメリット①:身に付くスキルに偏りが出ることも

ここまで独学のメリットを2つ「時間/場所を問わず自分のペースで学習ができる」・「コストを抑えることができる」をお伝えしましたが、

独学では「身に付くスキルに偏りが出る可能性がある」といったデメリットもあります。

わたし達日本人は、読解力と文法力はそれなりにありますが、スピーキング力とリスニング力が他国と比べて劣っているケースが多くあります。

問題集や受験勉強での英語学習では、どうしてもスピーキング力とリスニング力を向上させるのは難しいです。

悩む人
悩む人

スピーキング力とリスニング力を磨いて、外国人と対等に話せるようになりたい

そんな方は、新日常英会話セットプランを使ってみるといいです。

いつでもどこでもオンライン英会話を受講できる上、(※)アプリとも連携していて使い勝手がいいです。

※アプリで行う学習は1回最短3分のため、忙しくてなかなか時間が取れないという方も「スキマ時間」で学習可能


今なら期間限定で7日間の無料体験サービスを実施しているので、無料体験サービスだけ利用してみて退会するのもあり。

オンライン英会話を利用したことがない人も、これを機にオンライン英会話を体験してみてもいいかもしれません。

留学のメリット/デメリット

ディスプレイ

続いて、留学のメリット/デメリットを解説します。

まだ留学に行ったことがないという方は、留学するか否かの検討材料にしてみてください。

留学のメリットを3つ紹介

さっそくですが、留学のメリットはこちら。

 ①インプット・アウトプットの質が高い
 ②課題が明確になり、目標を設定できる
 ③海外の文化、習慣を学べる

↓詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>【留学を検討中の方へ】海外留学のメリットを3つご紹介します

留学のデメリット:留学のコストが高い

留学はあなたの取り組み次第で人生の土台となる考え方や知識、経験を積むことができます。

が、一方で留学することによるデメリットがない訳でもありません。

例えば、留学のコスト。

留学先での授業料や渡航費、滞在費を鑑みると多大な留学コストが必要です。

期間にもよりますが、アメリカで半年間留学をした場合のコストは190万円〜300万円と言われています。

参考:留学のメリット10選!デメリットを解消し最高の留学を体験するコツ

大学生であれば、大学に通いながらアルバイトでコツコツと留学資金を貯めるとなると「時間と労力」が犠牲となります。

若い時代にどれだけの経験を積めるかが、今後の人生の飛躍を大きく左右します。

留学費を準備することで大事な時間と労力を犠牲にしないように注意しましょう。

スポンサーリンク

「独学×留学」を組み合わせる

仲間

さて、ここまでは独学と留学の両方の観点から「メリット/デメリット」を解説してきました。

これらを踏まえて、効果的な語学学習をするにはどうすればいいのかをお伝えします。

結論、「独学と留学を組み合わせる」です。

独学と留学を組み合わせる?どういうこと?

安心してください。あなたがイメージできるように噛み砕いて解説します。

おすすめなのは「日本で独学をする→短期留学で語学力のスキルの現状を確認→課題を整理し、改めて日本で独学をする」のフローです。

先ほど、留学のデメリットとして高額な費用がかかることをご説明しましたが、(EX:アメリカで半年間留学をした場合のコストは190万円〜300万円)短期であれば話しは別です。

アメリカで1ヶ月留学をする場合、おおよそ38万円〜66万円の留学費で済みます。

何が言いたいかというと、(※)留学の目的を意味変するということ。

※留学の目的:留学先での語学力の飛躍的向上ではなく、独学で積み重ねてきた自身の語学力を本場で試して確認する。通用した部分と課題を整理し、日本に帰国後更なるスキル向上に努める。

留学の目的が「自身の語学力の立ち位置を把握すること」であれば、短期留学でも充分。

>>短期留学はブリスベンがおすすめ

独学のデメリットとして「身につくスキルに偏りが出ること(スピーキング力/ リスニング力)」を取り上げましたが、

あなたの工夫次第で独学のデメリットを解消することは可能です。

これらは一例に過ぎませんが、

「(※)外国人の友人を作る」・「オンライン英会話を利用してみる」・「通学(通勤)中に英語を聴いてリスニング力を磨く」等、あなたの取り組み次第で独学での懸念材料を解決できます。

※留学中に外国人の友達を作るのはかなり有効的。帰国後もSNSを通して英語でのコミュニケーションができます。

オンライン英会話→スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

語学力を向上させたい!という志の高い方は、「独学×留学の組み合わせ」を実践してみてください。

スポンサーリンク

【語学学習の疑問】どっちが効果的?独学と留学を比較:まとめ

Summary

いかがでしたか?

今回は、「どっちが効果的?独学と留学を比較して最適解を考える」といったテーマでお話ししました。

旅行、ビジネス、趣味等、語学を学習する目的は人それぞれだと思いますが、

語学の学習を単なる学習:手段」ではなく「何を実現したいのか:目的」をイメージしてみるといいかもしれませんね。

応援しています。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


留学ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました