【体験談】人生での挫折経験を2つ話します。

表紙プロフィール

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

これまでにサッカーでインターハイに出場したり、海外17カ国を旅したりと、楽しい人生を過ごしてきました。

その反面、色々と挫折もしました。

 ①長く続いたサッカーでの補欠時代
 ②留学(ホームステイ)での居場所がない

ちょっと挫折経験を話します。
そこからの学びも書いたので、参考になるはずです。

順をおって説明します。

スポンサーリンク

長く続いたサッカーでの補欠時代

人生で初めて大きな挫折を味わった経験でした。
かなり落ち込みましたね。

 ・当時は中学1年時〜高校1年時
 ・小学校時代から一転し、補欠となる
 ・一度自信を失う

こんな感じでした。

努力しても報われない

グラウンド

小学校時代から「プロサッカー選手になりたい」・「全国大会に出場したい」という夢があったので、サッカー漬けの毎日。家の中でもボールに触れていました。

小学校時代では努力は報われ、全国大会への出場を達成。

中学生にあがっても、サッカーに全力に向き合い努力を重ねました。しかし、所属したクラブチームではレギュラーから外され結果を出せませんでした。

当ブログで初めて打ち明けるのですが、中学時代は出場機会を求めて途中で移籍をしました。しかし移籍先でもレギュラーになれず、3年間ベンチを温めていました。

小学校時代からの夢「プロサッカー選手になる」を追い求め、サッカーに打ち込んだ中学生活。

所属したクラブチームの練習だけでなく、自主練習(ランニング、筋トレ、DVDや書籍で勉強)をしライバルとの差別化を図りましたが、努力は報われませんでした。

▼中学時代のわたしを詳しく知りたい、という人は「ブログ管理人の生い立ち中学校時代」をご覧ください。

挫折からの学び

2つあります。

 ①溜め込まない
 ②自分を信じる

上記のとおり。

挫折を味わい落ち込んでいるときは、1人で抱え込まないでください。言葉にするだけでも気持ちがスッキリします。

家族や信頼できる友人に相談することで、挫折から課題点を抽出し力に変えることもできます。

そしてその力が源となり、成功を掴む可能性を広げてくれます。自分を信じて突っ走ってください。

スポンサーリンク

留学(ホームステイ)での居場所がない

幼い頃から海外への強い憧れがありました。
不安もありましたが、それ以上に楽しみと期待をもって留学に挑戦しました。

概要はこんな感じ。

 ・初めての留学は19歳
 ・オーストラリアに5週間
 ・ホームステイで居場所がないまま終了

ホストファミリーと関係を築けずに帰国

ホームステイは留学の醍醐味の1つだと思います。日本では味わえない、現地の生活習慣や文化を体験できる貴重な機会です。

語学学校(大学)よりも、ホストファミリーと過ごす時間の方が留学での思い出となる人も多いです。「第2の家族ともいえる存在」になれれば大成功ですね。

そんな期待を膨らませながら挑戦したオーストラリア留学。しかし結果は悔しい思い出ばかりが残りました。

ホストファミリーとの会話はほぼ食事のときだけで、与えられた1人部屋に閉じこもる時間が多かったです。家族みんなでお出かけするときも、1人でお留守番をしていました。

>>留学の挫折経験はこちら

挫折からの学び

ガーデン

それは「失敗がなければ成長することはない」です。

ホストファミリーには当たりハズレがある。

そんな意見をよく耳にしますが、果たしてそれが真実でしょうか。

責任は自分にある」わたしはそう思います。

オーストラリア留学では、期待とは裏腹に挫折を味わいましたが、帰国後に「何が原因で関係を築けなかったのか」を自問自答しました。

 ・語学力が乏しかった(勉強不足)
 ・用事がなくてもリビングにいる
 ・積極的に家事のお手伝いをする
 ・部屋は開けたままにしておく

失敗から得る学びはたくさんあります。
オーストラリア留学での挫折の経験は、1年後のカナダ留学に大いに役立ちました。

カナダ留学でのホストファミリーは「第2の家族」とも言える存在になりました。帰国後に親と一緒に再度カナダを訪れ、ホストファミリーに親を紹介しました。わたしを育ててくれた親への初めての親孝行ができた瞬間でもありました。
スポンサーリンク

まとめ

Summary

今回はこれくらいにします。
本記事であなたに伝えたかったのは挫折の重要性

挫折をしているときはつらいですが、長い目で見ればその挫折は成功への道筋となります。

確かに当時はつらかったですが、いまでは「挫折を味わってよかった」と心から思っています。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

わたしのブログで人気の記事も貼っておきます。
合わせて読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました