瑞牆山の見どころと登山モデルコースを解説!アドベンジャー感覚で楽しめる登山

表紙登山

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

まるでアドベンジャーのような登山道。

そんな感覚で登山を楽しめるのが山梨県に位置する「瑞牆山(みずがきやま)」です。

瑞牆山の見どころは?初心者でも楽しめるモデルコースを知りたい

そんな疑問を解決します。

山頂まで続くダイナミックな道は、わたし達を虜にしてくれます。

スポンサーリンク

瑞牆山の基本情報

マグカップ

まず初めに、瑞垣山の基本情報をカンタンに紹介します。

■瑞牆山の基本情報
・場所  :山梨県
・参考日程:日帰り
・難易度 :初級
・標高  :2,230m
・距離  :6.5km
・所要時間:5時間

場所はこちら。

冒頭でも申し上げましたが、瑞牆山は山梨県に位置し奥秩父山脈のひとつで、日本百名山に数えられています。

登山の所要時間は約5時間(休憩含む)と決して長丁場ではありませんが、ゴツゴツとした岩場の数々がわたし達をワクワクさせてくれます。

とくに、(※)桃太郎岩は目が離せない目玉スポット。要チェックです。
※「瑞牆山のチェックすべき3つの見どころ」にて別途解説

そんな瑞牆山の見どころとは?

スポンサーリンク

瑞牆山のチェックすべき3つの見どころ

瑞牆山のチェックすべき見どころは以下の3つ。

 1. アスレチック感覚で楽しめる登山道
 2. 存在感抜群の岩の数々
 3. 圧倒的高度感を誇る山頂

順を追って解説します。

アスレチック感覚で楽しめる登山道

岩と空

瑞牆山の見どころ1つ目は、アスレチック感覚で登山が楽しめること。

途中でゴツゴツとした岩場があったり、小川が流れていたり、鎖場があったり、

まるで自分がアドベンジャーゲームの主人公になったかのような気分を味わえます。

悩む人
悩む人

ゴツゴツした岩場

や鎖場を登れる自信がない…

そんなお悩みを感じる方もいるかもしれませんが、後ほど説明する「瑞牆山荘往復コース」は初心者でも安心して登れます。

小川

瑞牆山の山頂を目指す途中、突如姿を現す透明感が抜群の小川は「楽園スポット」。

色度が綺麗でひんやり冷えた自然の水はめちゃくちゃ気持ちがいいですよ!

存在感抜群の岩の数々

瑞牆山と林

瑞牆山の2つ目の見どころは、存在感抜群の岩がたくさん連なっていること。

先ほど「アスレチック感覚で登山が楽しめる」とお伝えしましたが、インパクトのある岩があちこちに点在していることがその理由です。

実際に登ってみれば実感していただけますが、瑞牆山の山頂に近づけば近づくほど興奮は高まります。

あなたにお伝えしたい迫力満点の岩を1つ。ずばり「桃太郎岩」です。

桃太郎岩は瑞牆山で外せない名所となっており、まるで桃太郎が生まれた桃のように2つに割れているためその名がつけれらました。

桃太郎岩
まさどな
まさどな

桃太郎岩は想像以上に重たかった…

冗談はさておき、桃太郎岩のスケールの大きさを感じていただけるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

圧倒的高度感を誇る山頂

山頂からの眺望

3つ目に参りましょう。瑞牆山3つ目の見どころは、圧倒的高度感誇る山頂です。

標高2,230mの山頂からは「富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプス」など、贅沢すぎる絶景を楽しむことができます。

いつの間にこんな高いところまで登ってきたのか。

そう感じずにはいられない開放的な空間が待っています。

ぜひ山頂を目指して、あなたも瑞牆山を訪れてみてはいかがでしょうか?

山頂に行けば身をもって体感いただけますが、思いの外「崖側の眺めはスリル」があります。

山頂には十分なスペースがあるので、苦手な方はなるべく内側に陣取った方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

初心者でも楽しめる!瑞牆山荘往復コースを解説

さて、ここからは登山初心者でも楽しめるモデルコース「瑞牆山荘往復コース」を詳しく解説します。

上山は約2時間、下山は約1時間45分、山頂での時間(約1時間15分)も含め、合計5時間ほどのルートとなります。

瑞牆山荘 → 富士見平小屋 → 桃太郎岩 → 山頂 → 桃太郎岩 → 富士見平小屋 →瑞垣山荘

スタート地点は瑞垣山荘となります。(駐車場は無料です。ありがたいですね)

瑞垣山荘から富士見平小屋方面に進んでいきます。なだらかな登山道なので、程よいウォーミングアップになります。

標識

瑞垣山荘から15分ほど(600m)歩くと、こんな感じの標識が登山道に立っています。

ここから更に15分登ると、(※)テント場にもなっている富士見平小屋に着きます。(1.2km)
※テント場料金は、大人1名につき1,000円(税込)

富士見平小屋

こちらが富士見平小屋。飲食も可能なので小腹が空いている方は寄ってみてもいいかもしれません。

さて、山頂に向けて進んで行きましょう。

桃太郎岩

スタート地点の瑞牆山荘から1時間(約2km)進むと、お待ちかね「桃太郎岩」が現れます。

実物を目の当たりにするとわかりますが、存在感満載です。ほぼ全員の登山家が写真を撮っている姿も印象的でした。

この桃太郎岩から山頂までの登山道はというと、鎖場があったり、岩場が続いたりしますが、

比較的なめらかな斜面で、複雑な登山道もないので安心してください。

岩場

こんな感じの岩場がポツポツと点在しますが、足場も悪くないので一歩ずつ上へ上へ。自分のペースで山頂を目指し突き進みましょう。

登山を開始してから約2時間(3.2km)、遂に!

標高2,230mの山頂に到着となります。

お疲れ様でした。山頂からの絶景を思う存分楽しんでくださいね!

下山は来たルートをそのまま戻ればOKです。(約1時間45分)

スポンサーリンク

瑞牆山の見どころとモデルコースを解説:まとめ

Summary

いかがでしたか?

今回は、「瑞牆山の見どころとモデルコースを解説!アドベンジャー感覚で楽しめる登山」といったテーマでお話ししました。

本記事で瑞牆山を初めて知った!という方も少なくないと思いますが、これを機に一度「瑞牆山」を訪れてみませんか?

なお、わたしが初めて経験した登山は富士山でした。

富士山の山頂に立ってみてわたしが抱いた感情は、「誰に対しても寛大な心、広い心をもちたい」ということ。

富士山もいつか登ってみたい!という方は、ぜひあわせて読んでみてください。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


登山ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました