「富士山登山」初心者でも大丈夫!吉田ルートの事前準備から当日までのスケジュールを紹介

表紙登山

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

富士山登頂を達成しました!楽しく、そして無事に登れたことに感謝です。

富士山の山頂に立ってみて感じることは人それぞれだと思いますが、わたしは「誰に対しても寛大な心、広い心をもちたい」と感じました。

きっと、あなたも富士山の山頂に立った時、何か感じることがあるでしょう。

人生で1度は富士山に登りたい

そんな方に向けて、上山〜下山までの計画の参考になればと思い記事を書きました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

富士山登山に向けた準備

富士山と青空

日本で一番高い山として知られる富士山は「富士山 — 信仰の対象と芸術の源泉」という名称で世界文化遺産に登録されており、観光地としても世界中から高い人気を誇ります。

そんな富士山登山に向けた準備に必要なこと。それはルートを決めることからはじまリます。

ルートを決める

富士山の山頂に向かうには4つのルートがあります。

 ①吉田ルート
 ②須走ルート
 ③御殿場ルート
 ④富士宮ルート

本記事では、最も一般的な①吉田ルートを紹介します。

吉田ルートとは

吉田ルートは富士スバルライン五合目(標高2,305m)が登山口となり、そこから頂上を目指していくルート。登山口から頂上までの標高差は約1,400m、往復距離は約14kmです。

吉田ルートの登山者数は4つのルートの中で最も多く、「全体の約6割」を占めています。

理由は3つあります。

 ①歩行距離が比較的長い分、傾斜が緩やかで初心者でも登りやすい。

 ②上りの道と下りの道が分かれているため、すれ違いの混雑が起きにくい。

 ③山小屋の数が圧倒的に多く、休憩や飲食物、登山グッズの調達ができる。

つまり吉田ルートは、最も安全に登山ができます。

補足ですが、吉田ルートの登山口「富士スバルライン五合目」には、売店や郵便局、レストランなどの施設が充実しているため、登山者だけでなくたくさんの観光客も訪れます。

▽富士スバルライン五合目

富士スバルライン五合目

郵便局には富士山の形をしたユニークなハガキがあり、その場で郵送もできるのでオススメ。家族や恋人、友人にサプライズで届けてみてもいいでしょう。

日数と所要時間の計画を立てる

富士山の登頂に向けて計画を立てたいけど、時間軸がイメージできない

わたしは吉田ルートを1泊2日で登頂しました。詳しく解説しますね。

■1日目
13時半:富士スバルライン五合目到着
レストランで昼食。売店や記念写真、五合目からの風景を楽しみました。

15時:富士スバルライン五合目出発
入山料1,000円を支払い、頂上に向けて出発です。
登山中のトイレは有料となるので、100円玉を多めに準備しておくといいです。

17時:山小屋到着
あらかじめ予約しておいた山小屋(東洋館)に到着。標高約3,000m、登山口から頂上の中間地点に位置しています。
山小屋では夕食を食べ、次の日に備え19時半に就寝しました。

■2日目
3時:山小屋出発
周囲は真っ暗のため、ヘッドライトが必須です。頂上は氷点下となることもあるので、防寒対策は万全に。

6時:登頂達成
山小屋を出発してから約3時間で登頂を達成しました。

8時:頂上より下山開始
上り道と同様、下り道も身体に負担がかかります。エネルギー補給、ストレッチを行ってから下山するようにしてください。

10時:富士スバルライン五合目到着
怪我や体調を崩すことなく、無事に登山口に戻りました。

こんな感じです。イメージは掴めましたでしょうか?

山小屋は事前に予約する

1泊2日で登山する人は、山小屋を事前に予約しておく必要があります。

富士山登山は標高が高く、体調を崩す危険性があります。自分では認識していなくても、身体には負担がかかっています。体調管理には十分気をつけなければいけません。

こちらは山小屋での夕飯です。ごはんはおかわり自由なのでがっつり食べて2日に備えましょう。(山小屋は、大半の場所で1泊2食付き)

スポンサーリンク

登頂達成。富士山の力とは

山頂からの眺め

2日目の午前6時に富士山の頂上に着きました。噂には聞いていましたが、やっぱり達成感が半端ないです。

山頂までの道は険しいですが、苦労した以上の価値があります。

冒頭でも書かせていただきましたが、山頂に立った時に、あなたも「感じる何か」があると思います。わたしもそうでした。

それだけの力が富士山にはあります。

いうまでもないですが、日本で一番高い山からの眺望は絶景です。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

富士山の登山は決して簡単ではありません。

足場の悪い道や傾斜の激しい道を歩くこともあります。体調を崩す可能性もあリます。

しかし、富士山の山頂に立った時「富士山を登って良かった」と心から感じていただけると思います。

本記事を読んで、富士山を登りたいと思っていただければ幸いです。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

▽初心者の方に向けて、最低限必要な登山アイテムをまとめました。合わせて読んでみてください。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


登山ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました