【読書編】11月に読んだ3冊の本を紹介!

表紙 読書

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

11月に読んだ本をご紹介します。今月は3冊です!

スポンサーリンク

公式 東京モーターショーガイド2019

東京モーターショーガイドブック

おすすめ度:

東京モーターショー2019を訪れたときに購入した公式ガイドブックです。クルマが好きな人はココロが踊る内容となっています。

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界ですが、これからのクルマは、どのような発展を見せるのか。その答えがこの本にあります。

 ・各自動車メーカーのコンセプトや強み・課題点を知ることができる

 ・自動車を支える部品メーカーの技術を学べる

 ・クルマのカッコよさに感動する(新しいクルマを購入したい気持ちになる)

「クルマが好きな人」や「自動車業界の未来に興味がある人」は楽しめると思いました。

東京モーターショー2019の様子を以下の記事に詳しくまとめていますので、自動車業界の未来をより詳しく知りたい人はあわせてチェックしてみてくださいね。

東京モーターショ2019見学レポート

スポンサーリンク

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

おすすめ度:

本書は元USJの最高マーケティング責任者森岡毅さんが、伸び悩むUSJ来場者数を3年で「V字回復」させたマーケティング本です。

事業戦略アイデアやマーケティング方法を、実際のUSJ再建をベースにわかりやすく説明しています。

わたしが大事にしたいと思ったのは次の3つです。

 ①マーケティングは「目的」→「戦略」→「戦術」を実践する

 ②アイディアや指示を上の人から待つのではなく、「自分が起点となって物事を変えてやる」という心構えが大切

 ③「できる」と信じて行動しないと成功しない

アイディアがなかなか出でこない…

そんな人にとって、何かのきっかけを与えてくれる本です。

スポンサーリンク

一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書

一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書

おすすめ度:

まさどな
まさどな

日本史は暗記するもの。

そう思っていましたが、暗記ではなくストーリーとして理解するものだと感じさせてくれました。本書は「日本史が苦手な人」・「楽しく、そして日本の時代と時代の移り変わりを知りたい人」にぴったりな本だと思います。

この本の特徴は以下の3つです。

 ・古代〜現代までを小説感覚でスラスラと読める

 ・年号を捨てて政権担当者を主役にすることで、日本史の流れを理解できる

 ・日本がどのような歴史を経て今に至るのかを学べる(過去と現代が繋がる)

実は、中田敦彦さんも大絶賛している本なんですよ!日本史を学びたい人は読んでみてはいかがでしょうか?

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました