グルメといえばあの国!2019年に旅した5カ国をランキング形式で発表

表紙海外旅行

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

2019年に訪れた国は5カ国です。
主にアジア圏を旅しました。

 ・タイ🇹🇭
 ・ラオス🇱🇦
 ・ウラジオストク🇷🇺
 ・ミャンマー🇲🇲
 ・北マリアナ諸島🇲🇵

旅する中で、

どの国がおすすめですか?

と質問をいただくことが多いです。

結論をいいますと、目的によっておすすめできる国は異なります。「グルメ」・「観光」・「文化」などがありますが、あなたが「なにを重要視するか」次第です。

本記事ではグルメに重点をおきます。

「2019年に訪れた5カ国の中で一番おすすめできる国」をランキング形式で紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【第5位】北マリアナ諸島

第5位は北マリアナ諸島。(サイパン)
サイパンの伝統的なローカル料理といえば「チャモロ料理」です。

 ・ココナッツ、赤唐辛子、お醤油、お酢、玉ねぎ、レモン汁、砂糖などが材料

 ・どの料理にも「甘さ・辛さ・酸っぱさ」のいずれかが濃厚に現れているのが特徴

チャモロ料理が食べられる、人気のレストランを教えて欲しい

チャロモ料理を堪能するなら、ソリティーズ グリル & カフェ (Salty’s Grill & Café)がおすすめです。中でも、ここでしか食べられない「ソルティーズ スタイル ロコモコ」が美味しいです。

ソルティーズ スタイル ロコモコ

ロコモコといえば白ご飯ですが、代わりにチャモロ料理の代表である「レッドライス」を使っています。

スポンサーリンク

【第4位】ミャンマー

第4位はミャンマー。

「アジア最後の秘境」と呼ばれるこの国のグルメは、日本人好みの味です。

おすすめのレストランはシャンヨーヤー (Shan Yoe Yar) 。ミャンマーの東部、シャン州の伝統料理を堪能できます。

シャン料理の代表料理と言えば、米の麺を使った麺料理シャンカウスエが大人気です。

シャンカウスエ

シャンカウスエはスープあり、なしを選べます。

個人的にはベトナム料理「フォー」よりも好みの味でした。

スポンサーリンク

【第3位】タイ

第3位はタイ。

日本でもタイ料理屋さんがあちこちにあるように、タイ料理は日本人にとって馴染みがあるかと思います。

代表的なタイ料理は

 ・トムヤムクン
 ・グリーンカレー
 ・パッタイ

といったところですが、おすすめしたいのはプーパッポンカレーです。

プーパッポンカレー

蟹を使ったシーフードカレーで、一般的には卵やココナッツミルクも一緒に炒めてあります。

バンコクのナイトマーケット、タラート・ロットファイ・ラチャダー(Ratchada Night Market)のレストランで食べれるのでぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク

【第2位】ラオス

第2位はラオス。

ラオスってどんな料理なの?

日本ではなかなかお目にかかることのない料理のため、ラオス料理のイメージを持てない人も多いことでしょう。

ラオスのローカル料理の特徴は2つあります。

 ①主食はもち米
 ②素朴でシンプルな料理が多い

主食のもち米は「カオ・ニャオ」と呼ばれます。
それがこちら。

蒸したもち米で手でつまみ、少しこねるようにして丸めてから食べます。
もちもちした食感で美味しいですよ。

ラオス料理で1番おすすめしたいのが「フー」

フー

きしめんのような平麺に、肉味噌がたっぷりの乗ったラオスを代表する料理です。(日本でいう担々麺に近い味)

フーと一緒に山盛りの付け合わせ野菜を持って来てくれます。フーは一見辛そうに見えますが、そんなに辛くはないです。

ナイトマーケットで食べることができるので、ぜひラオス伝統の味を楽しんでみてください。

▼わたしはナイトマーケットで現地の方(運営側)のお手伝いをさせて頂きました。出店側ならではのルールを学べたのは貴重な経験です。

スポンサーリンク

【第1位】ウラジオストク

堂々の第1位はウラジオストク。

日本から一番近いヨーロッパの街として、人気を集める観光地です。

ウラジオストクにはレストラン・カフェ・スタローバヤ(大衆食堂)などのグルメスポットが充実しています。

ロシア料理や港町ならではのシーフード料理など、日本人に合った料理が多数ありますが、中でもおすすめなのがグルジア料理です。

グルジア料理の定番はなに?

グルジア料理と言えばヒンカリ
グルジア風の小籠包のような食べ物で、中には肉汁がたっぷり入っています。(こぼれないように意識するほどの量です)

ヒンカリ

基本的には市内のレストランで食べれますが、「人気No.1レストランで食べたい」という人も多いはず。

そんな人はグルジンスキー・レストラン・スプラ一択です。

10種類以上の具材が用意されているので、食べ比べができるのも見どころです。

メニュー表

ウラジオストクの料理は美味しいものだらけで、衝撃を受けました。
ここでは紹介しきれないので、残りは写真にて割愛させてください。

質問等あれば、いつでもご連絡ください。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

海外旅行の楽しみ方は人それぞれです。
次の旅行先は、食べたい食べ物で決めてみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました