留学前に知っておきたい「効率的に」語学力を向上する方法とは

表紙 留学

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

 ・留学を検討している人

 ・これから留学をひかえている人

 ・現時点で留学生活を送っている人

こんな方に向けた内容となっています。

本記事では、効率よく語学力を身につける方法を解説します。

スポンサーリンク

通学時間はコミュニケーションのチャンス

語学学校や大学に通うときは、電車やバスを使用することになるかと思いますが、通学時間は外国人とコミュニケーションを取る絶好のチャンスです。

当たり前のことですが、外国では日本人を見かけることが少ないため、わたしたちに思いの外興味をもってくれる人が多いです。逆の立場で考えてみるとわかりやすいかと思います。

日本にきている外国人に対して「どこの国の人なんだろう」・「日本を訪れた目的はなんだろう」など、彼らのことを知ってみたいという気持ちになりませんか?

 ・日本に行ったことがあるか

 ・日本のことをどう思うか

 ・出身地やその国の魅力を聞いてみる

ちっぽけなことでも構いませんので、外国人に話しかけてみましょう。

スピーキング力、リスニング力だけでなく、外国人からみた日本を知ることができるなど、養える能力は多岐にわたりますよ。

スポンサーリンク

世界中に友達をつくる

フレンド

現代はSNS(ソーシャルネットワーク)を通して世界中の人とコミュニケーションが取れる便利な時代です。

語学学校や大学には、私たちと同じように世界中から語学を学びに外国人がやってくるので、積極的に交流をして世界中の友人を作りましょう。とくに、SNSでも友達になれれば継続した関係を築けるのでオススメです。

日本に帰国してから外国語を使う機会がなくなった。語学力が落ちてしまった…

そのような意見をよく聞きます。日本では、外国語を使う機会はそれほどないので、語学学習のモチベーションが続かなければ、時間の経過と共にスキルが低下することもあるでしょう。

そこで活躍するのがSNSです。留学先で知り合った外国人は「語学を継続して学びたい」と考えている人が多いので、SNSで繋がっていれば帰国後も外国語に触れることができます。

 ・いつでも外国語でチャットを楽しむことができる

 ・タイムラインで外国語が表示されるのでリーディング力を養える

 ・旅先で再会ができる / 日本をおもてなしできる

帰国後も継続して外国語に触れたい人は、外国人の友達をたくさん作り、SNSでも友人になっておきましょう。

スポンサーリンク

オリジナルの単語帳を活用する

個人差はありますが、語学力は日々の積み重ねによって向上します。一度見ただけ(発しただけ)では定着は望めません。

そこで役立つのが単語帳。

「語学学校や大学の授業で意味がわからなかった単語」・「街中で見かける単語」・「便利だと思ったフレーズ」などは単語帳にメモし、隙間時間に何度も目を通すといいです。

 ①表面に外国語、裏面は日本語訳を書く

 ②隙間時間を使って単語帳に目を通す

 ③積極的にアウトプットする

①→②→③を「繰り返し」行うことで、少しずつ語学力が身につきます。
自分だけのオリジナル単語帳を作り、活用してみてください。

スポンサーリンク

アクティブに行動する

旅道具

留学中はいろんな場所に行くことを心がけてください。家での語学学習はなるべく控えるようにしましょう。日本でもできることです。

アクティブに行動すれば、「人との出会い」や「国の文化」を学べる機会が増えます。一生付き合える友達を作ることができるかもしれませんし、外出することで外国語に触れることもできます。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

今回は、効率よく語学力を身につける方法を解説しました。

記事の内容を要約しておきます。

 ・通学時間こそ交流のチャンス

 ・世界中の友達を作る

 ・オリジナルの単語帳を活用する

 ・アクティブに行動する

留学の目的、実践すること、達成したいことを考える事前準備が、留学の成果を大きく左右します。

留学を100%の状態で臨めるように、School Withを頼りにするといいです。

今ならタダでプロの方が親身になって個別相談をしてくれます。(オンラインサービス有)

>>School Withの無料相談はこちら

無料サービスはいつ終了するかわからないのでお早目に。

以上、まさどな(@km_nh8)でした

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


留学ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました