世界遺産「知床半島」を大満喫!1泊2日のモデルコースを公開

表紙日本旅行

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

北海道に位置する知床半島。

実際に足を運んでみて、【知床半島がなぜ世界遺産に認定されているのか】その理由がわかりました。

「オホーツク海や羅臼岳などの大自然」や「ヒトと野生生物の共生社会」!

自然に溢れた日本で生まれ育ったことへの感謝と命の大切さを改めて感じることができました。

知床半島の魅力と観光モデルコースを知りたい

そんなお悩みを解決します。

本記事を読めば、知床半島の魅力を知り、より一層観光を充実させることができます。

いつか知床半島に行ってみたい、という方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

知床半島へのアクセスは?

道路と自然

知床半島に行くには飛行機+レンタカーがおすすめ。

根室中標津空港まで飛行機で移動し、レンタカーを借りるのが定番ですが、旅行会社のツアーを利用してもいいでしょう。

>>じゃらんの旅行プランはこちら

根室中標津空港まで行ってしまえば、クルマ(ノーストップの場合)で1時間30分ほどで知床半島まで行けます。

まさどな
まさどな

知床半島の最寄り空港がある「中標津」は、ヒトよりも牛の数の方が多いんです

なかなかビックリしませんか?北海道の大地の広大さを物語っていますね。

さて、ここからは知床半島観光モデルコースを紹介していきます。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【1日目】知床半島観光モデルコース

広大な道

見どころ満載の知床半島での観光。今回はクルマ移動を前提としたモデルコースとなります。

まずは1日目のモデルコースから。

果てしなく続く「天に続く道」で北海道らしさを体感

天に続く道

6時30分:天に続く道

1日目のスタートは「北海道の広大な大地」を感じられる名スポットから。

“天に続く道”

その名の通り、道の先が空へ向かっているように見える景色は圧巻です。

一直線に続くこの道はなんと、距離にして28.1kmもの長さを誇ります。

知床半島のドライブで必ず寄りたい名所なので外せません。

知床半島最高峰・羅臼岳での登山

羅臼岳

7時45分:岩尾別コース登山口(ホテル 地の涯)

天に続く道で朝から絶景に感動したあとは、知床半島の峰・羅臼岳で登山を楽しむのがおすすめ。

羅臼岳は日本百名山にも認定されている名峰。

世界遺産にも認定されている知床半島での登山は「超特別な感情」が味わえます。

羅臼岳の見どころと登山モデルコースは別記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

夕日台の湯で身もココロもリフレッシュ

夕陽台の湯

16時00分:夕陽台の湯

登山で汗をかいた後は温泉でリフレッシュをしませんか?

夕陽台の湯には露天風呂と内風呂があります。

 休館日:無休(6/1~10/31まで営業) 
 ※冬季閉鎖
 営業時間:14:00~20:00
 料金:500円

まだまだ知床半島には見どころがあるので、疲れたカラダを癒し観光に備えましょう。

夕陽台でオホーツク海と夕日に感動

夕陽

17時15分:夕陽台

その名の通り、町を見下ろす高台である夕陽台。

オホーツク海とウトロ港を見渡せる見晴らしのいい場所で、知床半島の名所の1つにもなっています。

場所は夕陽台から歩いて5分ほどの距離に位置しているので、夕陽台の湯とセットで訪れるといいでしょう。

オホーツク海に沈む真っ赤な夕陽はわたし達に感動を与えます。

勿論ドライブしながらでも景色を楽しむことができますが、

せっかくなので、眺めのいい高台「夕陽台」で真っ赤な夕陽が沈む様を鑑賞してもいいかもしれませんね。

知床国立公園羅臼温泉野営場でキャンプ泊

キャンプ場

18時00:知床国立公園羅臼温泉野営場

知床半島でキャンプ泊をするのはいかがでしょうか?

炊事棟とトイレを除いては、基本的には自然そのままといった状態。

まさにアウトドアを満喫できるキャンプ場となっています。

自然に囲まれたゆとりある空間は幸せオーラ全開になります。キャンプ好きの方はぜひ。

キャンプ泊もいいけど、やっぱりホテルでゆっくり過ごしたいなぁ

そんな方は、Booking.comであなたの予算やご希望に沿ったホテルを手配しちゃいましょう。

これにて知床半島観光1日目の全行程は終了なります。

2日目は知床半島だからこそ出会えるあの動物に会いにいきましょう。

Booking.com

スポンサーリンク

【2日目】知床半島観光モデルコース

知床半島とオホーツク海

ここからは2日目の知床半島観光モデルコースを紹介します。

2日目も見どころ満載の旅行プランとなりますが、一番の目玉は「知床半島のクルーズ船」でしょう。

知床半島のクルーズ船でヒグマを目撃

ドルフィン船

8時00分:知床クルーザー小型船ドルフィン

あなたは “知床半島の野生動物” といえば、どの動物をイメージされますか?

知床半島といえば「ヒグマ」という方が多いのではないでしょうか。

(※)知床クルーズを利用すればかなりの確率でヒグマに出会うことができます。

※わたしはヒトとヒグマが共生する現場を目の当たりにできました。

■プチ情報
知床半島には560頭のヒグマが生息していて、面積に対するヒグマの密集度は「なんと世界一」。知ってた?とみんなにドヤ顔で自慢しちゃいましょう。

なお、知床半島のクルーズ船ツアーは大型船1社、小型船5社の計6社が運営をしていますが、

ここではわたしが実際に利用した「知床クルーザー小型ドルフィン船」を紹介しています。

知床クルーズは知床半島の観光で1番おすすめしたい楽しみ方です。

知床クルーズは大変人気のあるアクティビティのため、事前予約をおすすめします。

知床クルーズの見どころは書き始めるとかなりのボリュームになるので、別記事であらためて取り上げたいと思います。

知床五湖でのハイキングで自然に囲まれる

知床五湖

10時30分:知床五湖

ここに行かなきゃ知床半島を観光したとは言えない。

それくらいの価値が知床五湖にはあります。

知床五湖には高架木道と地上遊歩道の2つのコースがありますが、

個人的には5つの湖を間近でみられる地上遊歩道をおすすめします。

五湖~四湖~三湖~二湖~一湖という順ですべての湖をゆっくり回ることができる3kmのコースで、

湖と自然に囲まれながらのハイキングは気持ちよく、本当にリフレッシュできます。

知床半島の雰囲気を味わいたい

そんな方は知床五湖に訪れてみてください。

知床自然センターでお買い物

知床自然センター

知床半島限定グッズが欲しいけど、どこで買えるかな?

そんな疑問を解決してくれるのが、知床自然センター。

13時00分:知床自然センター

知床自然センターでは、(※)知床半島限定グッズを販売しているショップが2つあります。

①THE NORTH FACE/HELLEY HANSEN知床店」(以下、ノースフェイス) ②知床財団ショップ「コムヌプリ」(以下、コムヌプリ)

ノースフェイスでは知床半島限定のTシャツが販売されており、コムヌブリには知床財団オリジナルグッズやアウトドアメーカとのコラボグッズも。

お土産選びにもおすすめの場所です。きっとあなたのお気に入りの知床半島限定のグッズが見つかるでしょう。

道の駅 うとろ・シリエトクでランチとお買い物

道の駅 看板

13時45分:道の駅 うとろ・シリエトク

知床自然センターとほぼ隣接の距離に道の駅 うとろ・シリエトクがあります。

道の駅はご当地グルメやグッズが多数取り揃えられていて、高揚感を感じずにはいられません。

カレー

北海道の海鮮丼は外せませんが、蝦夷鹿肉のカレー(税込:¥1,000)を召し上がってみてませんか?

脂身が少なくヘルシーな鹿肉。カレーにすることで軟らく仕上がる一品で美味しいですよ。

一足伸ばして神秘の泉・神の子池へ

神の子池

16時30分:神の子池

コバルトブルーに輝く神秘の泉。その一言につきます。

知床半島からクルマで約1時間30分ほど(約70km)の距離にありますが、行く価値大ありです。

その美しさをあなたの目で直接みてもらいたい。そう思います。

神の子池は、摩周湖からの地下水が湧き出ている山の奥にある池で「摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできている」という言い伝えから、その名がつけられています。

神秘的な色の泉にココロ癒されましょう。

“霧の摩周湖”を展望台から眺める

17時00分:裏摩周展望台

神の子池とセットで訪れてほしいのが裏摩周展望台。

“霧の名所”として知られる摩周湖は、第一・第二展望台よりも裏摩周展望台のほうがおすすめ。

裏摩周展望台の方が標高が低いため、霧のない湖面を見られる確率が高いのが特徴です。

展望台から見て左手側の「神の山」という意味を持つ火山・カムイヌプリ(摩周岳)にも注目してみてください。

スポンサーリンク

世界遺産「知床半島」を大満喫!1泊2日のモデルコースを公開:まとめ

summary

いかがでしたか?

今回は、『世界遺産「知床半島」を大満喫!1泊2日のモデルコースを公開』といったテーマでお話ししました。

知床半島は、野生動物があちこちに暮らしていたり、海や山などの大自然、グルメ、現地の方の温かみなど、見どころ満載の観光地です。

世界遺産・知床半島をぜひ一度訪れてみてください。

「来てよかった」そう感じていただける素晴らしい場所であることをお伝えして、お話しを終えたいと思います。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

<

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました