【おすすめ】ドルフィン乗船!知床半島観光の目玉・知床クルーズを体験しよう

表紙日本旅行

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

先日に知床半島1泊2日のモデルコースを紹介しました。(まだ読んでいない方は先に読んでね!)

上記の記事にて “知床クルーズの見どころは別記事であらためて取り上げたいと思います” とお伝えしておりました。

そこで今回は、「【おすすめ】ドルフィン乗船!知床半島観光の目玉・知床クルーズを体験しよう」と題し、知床クルーズの見どころを詳しく解説していきます。

知床クルーズの内容や見どころを知りたい

そんな方に向けた記事となります。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

知床クルーザー観光船の3つの見どころとは?

知床クルーズ船

さっそくですが、知床クルーザー観光船の3つの見どころを紹介します。

まさどな
まさどな

知床クルーズの楽しみ方はこちら!

■知床クルーザー観光船POINT
①高確率で野生のヒグマに出会える
②オホーツク海から美しき知床半島を眺望できる
③クルーズ旅そのものが楽しい

高確率で野生のヒグマに出会える

オホーツク海

野生のヒグマを見てみたい!

そんな願いを知床クルーズが応えてくれるかもしれません。

突然目の前にヒグマが現れたら、、、さすがにビックリしますよね。

ですが知床クルーザー観光船からの見学になるので安心してください。

ヒグマ

わたしも実際に(※)知床クルーズを体験しましたが、上の画像のようにヒグマを目撃できました。

知床クルーザー観光船 ドルフィンの公式HP

知床半島に暮らす人とヒグマの距離感があまりにも近く、クルーズ船からみていても緊張感がありましたが、

それ以上に、ヒトとヒグマが共生する現場を見て「感動」を覚えました。

わたし達人間だけでなく、地球には様々な動物や植物が暮らしています。

姿カタチは違えどみな1つの生命を持って生きています。

『生物すべての命』大切にしたいと心から思いました。

オホーツク海から美しき知床半島を眺望できる

知床半島

知床クルーズ2つ目の見どころは、オホーツク海から知床半島を眺望できること。

知床半島からオホーツク海を眺めることは誰でもできますが、オホーツク海から知床半島を眺めることはクルーズ船に乗船した観光客しか体験できません。

あなたは、「オホーツク海から眺める知床半島の絶景」を想像できますか?

もしあなたの答えがNoの場合、ぜひクルーズ船を利用してみてください。

オホーツク海から眺める知床半島は格別の美しさがあります。

クルーズ旅そのものが楽しい

崖

知床クルーズ船の見どころ、最後の3つ目は…どストレートな内容ですみません。

単刀直入にいいます。クルーズ船に乗船すること自体が楽しいです。

クルーズ船に乗る機会は人生の中でもそう多くはないですよね。

「非現実な世界」が高揚感を与えてくれているんだと思います。

辺り一面広がる青い海と新鮮な空気と風を体感するだけでも価値があります。

知床クルーズ船に乗ったら一度目を瞑り、「波の音や太陽の光、鳥の鳴き声、そよ風」に神経を集中させてみてください。

めちゃくちゃ気持ちがいいです。きっと『幸せ』を感じていただけるでしょう。

スポンサーリンク

知床半島観光の目玉・知床クルーズを体験しよう:まとめ

Summary

いかがでしたか?

今回は「【おすすめ】ドルフィン乗船!知床半島観光の目玉・知床クルーズを体験しよう」といったテーマでお話ししました。

これまで世界17ヵ国、ここ1,2年は日本百名山や日本の観光地を旅してきましたが、

実際に自分の目で見たもの、感じたこと、体験したことは自分の財産であり、それらが積み重なって今の自分がいます。

とくに、ラオス ルアンパバーンでのホームステイは「幸せの定義」を考えさせてくれた貴重な経験でした。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、わたしは失敗を含めた自分の人生に誇りを持っています。

これからも自分の人生に誇りを持てるよう前向きに、一歩一歩階段を登り続けます。

今後とも、よろしくお願いします。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました