スペインに1日しか行けないのであれば○○○に行け!【楽しみ方を3つ厳選】

表紙海外旅行

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

スペインの観光地といえば、「バルセロナとマドリード!」そう思っていませんか?

日本に置き換えるとすれば、「観光地は東京と大阪!」と言っているのと同じようなものです。

世界遺産の街・古都トレド。(京都のような立ち位置でしょうか)

スペインに1日しか行けないのであればトレドに行け!とも表現されるほどの、知る人ぞ知る人気観光地なんです。

トレドは1日あれば十分満喫できるので、スペイン旅行に「トレド1日満喫プラン」を計画してみてはいかがでしょうか?

「トレドの見どころだけを知りたい」という方は、目次の”トレドのみどころ3選を紹介します”をクリックしてもらえばOKです。

スポンサーリンク

首都マドリード→トレドまでのアクセス【バス】

トレド玄関

トレドは、スペインの首都マドリードから南に70kmの場所に位置します。

マドリードからトレドへの行き方は電車・バスの2種類がありますが、本記事ではバスでのアクセスを紹介します。

バスで移動する場合は、ALSA社が運行するバスを利用します。マドリードの地下鉄プラサ・エリプティカ駅にあるプラサ・エリプティカバスターミナルトレド・バスターミナルへのアクセスがもっともスタンダードかつ料金もおトクです。

>>ALSA社ホームページでバスを予約する

ALSA社の公式サイトでトレド行きのバスの予約ができますが、不安な方は日本語ガイド付きツアーを予約し、安心してトレドツアーを満喫するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

トレドはスペインのかつての首都だった!?

トレドの街並み

続いては、世界遺産の古都・トレドの基本情報を解説します。

トレドが文化遺産として世界遺産に登録されたのは1986年。

↓文化遺産とはなんぞや?という方へ

>>世界遺産検定は役立つ?世界遺産検定を受験すれば、旅がより一層楽しめます

現在のスペインの首都といえばマドリード。あまり知られてはいませんが、かつての首都はトレドだったんです

あなたは知ってましたか?もし知っていたのであれば旅マスターですね(笑)

そんなトレドは1561年にマドリードに移されるまで、首都として数々の支配者に統治されてきた歴史があります。トレドの歴史はスペインの歴史」ともいえるでしょう。

トレドを旅してみて、いまでも歴史的な建造物が残されてファンタジーな世界観が広がっていたことが印象的で「また訪れたい」と感じさせてくれる場所でした。

スポンサーリンク

トレドの見どころ3選を紹介

トレドは街全体が博物館のような場所で、散策するだけでも価値があります。

指の数じゃ足りないくらい紹介したい見どころがありますが、本記事では「これだけは!」といった3選を紹介します。要チェックですよ!

古都トレドを散策!

トレドの道

定番中の定番ですが、お許しください。なんといっても古都トレドの散策が一番オススメなんです。

トレド大聖堂やサント・トメ教会、トランシト・ユダヤ教会などの教会巡りも楽しみ方の1つですが、街を何気なく散策してみると、トレドの歴史や文化を知ることができたり、トレドという土地の雰囲気を体感することができます。

現地の方の暮らしを見て新たな発見があるかもしれません。

これらは現地(トレド)に実際に行ってみないと味わえない経験です。

観光地巡りはもちろん楽しいですが、+αで「訪れる土地ならではの独特な文化や暮らし、現地で暮らす方とのコミュニケーション」も楽しみのひとつ。

まるで迷路のような、そしてこじんまりとした道が交差するトレドの街散策を楽しんでみてください。

ご当地グルメを満喫!

ハム

旅行ではその土地ならではのグルメも楽しみですよね。

トレドを歩いていると…ちょくちょく視界に入ってくるのが生ハム屋です。

店頭にズッシリと生ハムが並べられていて、生ハムが挟まれたサンドウィッチを食べ歩きをする人もたくさんいます。

思わずヨダレが垂れそうになります。ハンカチ必須です。

トレドに行ったら生ハム!を頭の片隅にでも置いておいてください。

刃物の街?!・トレドに驚愕!

刃物の数々

ファンタジーが好きな方にとって、トレドは高揚がおさまらない場所かもしれません。

トレドは刃物の街としても有名で、中世においては「刀剣の最高ブランド」だったともいわれています。そのため、街には武器屋がちらほらと見られます。

なぜトレドでは刃物が発展したのか?

歴史を知ることで、その答えが見出せます。

トレドは紀元前500年前から製鉄や剣の製作が盛んでした。ローマのカルタゴの植民地化に反抗した将軍ハンニバルが起こした「ポエニ戦争」。当時ハンニバルが使用していた武器がトレド製だと知ったローマが、それ以降トレドを武器の調達拠点にしたことが背景としてあるんです。

現在と過去は繋がっていて、歴史を学べば学ぶほど点と点がだんだん線になります。

なにが言いたいかというと、観光する都市の歴史や成り立ちをあらかじめ理解しておくと、より一層観光を楽しめるということ。

歴史を楽しく学ぶ。

そのツールとして、わたしは世界遺産検定を受験しました。世界遺産検定の学習は「世界史の勉強が継続できない」という方が、びっくりするほど継続的に学習ができるので参考にしてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

Summary

いかがでしたか?

スペインの観光地はバルセロナ・マドリードだけではない、というのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

スペインに行く予定のある方や、今後行ってみたいという方は、「世界遺産の古都・トレド」を旅行プランに入れてみてください。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました