旅雑誌TRANSIT(トランジット)のクチコミ!まだ見ぬ世界を知る旅へ

表紙旅行

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

あなたが旅行の目的地を決めるときに大切にしていることはなんですか?

観光名所に感銘を受けたり、そこでしか食べられないグルメを楽しんだりと旅行の楽しみ方は人それぞれです。

このご時世、なかなか旅行に行けない状況が続いていますが、

いつかはあの国(場所)で旅行を楽しみたい!

このように意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回の記事のテーマは、旅雑誌「TRANSIT(トランジット) 」。

TRANSITを読めば、「あの国(場所)で○○がしたい!」といった次なる旅の目的地が見つかるでしょう。

 ・TRANSITはどんな旅雑誌なのか
 ・TRANSITの魅力
 ・実際に読んでみてのクチコミ

上記内容を解説していきます。

TRANSITは一般的な旅行雑誌とは一味違います。

何が違うのか?2、3分あれば読めるのでサクッと読んでみてください。

スポンサーリンク

TRANSITとは?

村人

TRANSITを一言で表すと

世界に散らばる” 美しい”ものを求めて、旅をつづけてきたトラベルカルチャー誌。

この表現が適切でしょう。

TRANSITは年に4回発行され、定期購読をすることも可能です。

わたしも定期講読を利用しており、毎回最新号が自宅に届くのを心待ちにしています。

表紙がとってもお洒落なので、インテリアとして部屋に飾るのもいいでしょう。

スポンサーリンク

TRANSITのココが凄い

飛行機

世界の美しい風景や文化、日本から遙か遠くの大地に暮らす人々の暮らしや人間性を「旅」を通してわたし達に伝承してくれる。

TRANSITは文章やイラストを通して、わたし達のココロを動かしてくれます。

書店に足を運ぶ→本を開く→気になる観光地やグルメをチェックする→次の旅行先とする

ほとんどの方が上記の流れで旅行先を選んでいるのではないでしょうか?

わたしも時々本屋に行き、旅行雑誌を読んで旅の目的地を探しています。

その際に旅行の選択肢を増やすお手伝いをしてくれるのがTRANSITです。わたし達に、その国の歴史、文化、自然、そして国民性(民族性)をわかりやすく教えてくれます。

「その国の伝統文化や地元の方との交流を通した”体験型” の旅」を企画立案する。TRANSITはそんな一冊です。

まだ見ぬ世界を知る旅へ。TRANSITはそんなあなたのチカラとなるでしょう。

スポンサーリンク

TRANSITのクチコミを見る

ビーチ

本記事をキッカケに、初めてTRANSITを知った!

そんな方に向けて定期講読者のわたしからのクチコミはこちら。

自然の美しさ、現地の方の豊かな表情が顕著に現れる写真の数々が印象的。イラストの質も高い。観光名所の紹介だけでなく暮らしにフォーカスした記事も多く教養としての役割も大きい。一般的な旅行雑誌+TRANSITのセットが理想。情報量、インテリアとしても申し分なく永久保存版にできる。

デメリットを挙げるならば、価格が1,980円と少々お高いところでしょうか。そのくらいコンテンツの質が高いです。※定期購読の場合は5%OFF

(※)TRANSITの定期講読はこちら

いきなり定期購読はせず、一冊読んでみて、気に入ったのであれば定期購読をする。

こんな流れがいいと思います。

年4回の発行なので1日20円程度投資するだけで読めます。

↓↓クチコミをAmazonで確認する

わたしはこれまで海外17カ国を渡航してきましたが、「またこの国を訪れたい」と感じる国には共通点があります。

それは「ヒト」です。

カナダのホストファミリー、ラオスでのホームステイ、ミャンマー ヤンゴン環状線の旅。

わたしが困っているときに助けてくれた。支えてくれた。現地の方のお気遣いは本当にありがたかった。

日本に帰国した後に、「また行きたい」と感じたのはこういった現地で暮らすヒトとの繋がりが深かった国ばかりでした。

TRANSITを読んでみて、現地の方との繋がりを大切に旅してほしいというのがわたしの願いです。

話しが少し脱線してしまいましたが、まとめます。

スポンサーリンク

TRANSITのクチコミ:まとめ

Summary

本記事では旅雑誌「TRANSIT」をテーマに記事を書きました。

一般的な旅行雑誌しか読んだことがない、という方は、ぜひTRANSITを読んでみてください。

TRANSITを通して「その国の暮らしや民族性」を知ることができるので、普段読んでいる旅行関連の本とは違った体験ができるでしょう。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

*********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 


放浪記ランキング

**********************************

コメント

  1. ネコシバ より:

    こんにちわ!
    初めて寄らせていただきます。

    最近は海外旅行に行けないので寂しくて
    旅のブログ巡りをしています。

    以前海外に住んでいたので直行便をわざわざ避けて
    アジアのトランジット(経由)を楽しんでいました。

    2,3日の滞在や一泊、数時間空港のホテルでの滞在や
    観光、グルメほんと懐かしいです。
    トランジットは帰国と小旅行が一度に楽しめてよかったです。

    目的地と間の小旅行2度のたのしみいいですね。
    このようなタイトルの雑誌があるのは知りませんでした。
    ありがとうございます。

  2. まさどな より:

    ネコシバさん
    はじめまして、当ブログ管理人のまさどなです。コメントありがとうございます。

    乗り継ぎの時間も楽しいですよね。個人的にはカタール(ドーハ・ハマド国際空港)の居心地が良く印象的でした。

    雑誌TRANSITは魅力的なコンテンツが多数あり、新刊が家に届くのをいつも心待ちにしています。ぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました