知らなきゃヤバイ…学校では教えてくれないお金の本質とは

表紙 雑記

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

突然ですが、本当のお金の価値とはなんでしょうか?

生活に欠かせないお金。しかし、日本は基本的にお金について教えてくれる人はいませんし、教えてくれる環境もありません。

だからこそ「本当のお金の価値」と題し、記事を書くことにしました。

本記事を読めば、あなたのお金に対する価値観が変わります。

スポンサーリンク

本当のお金の価値とは

ツール

お金を使う。この表現は間違っています。正しくは “お金を交換する” です。

どういう意味でしょうか?

この意味を理解してもらえるよう、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

お金は交換ツールでしかない

紙幣

お金ってそもそもなんでしょう。私たちはお金を欲していますが、なぜ「お金持ちになりたい」と思うのでしょうか。

答えは至ってシンプル。様々な豊かさを手にいれる為にお金が必要だからです。

しかし、お金はそんなに大事でしょうか?極論を言ってしまえば、お金はただの紙切れです。

お金は何かを手にいれる為の対価に過ぎません。

例えば、会社やアルバイト先に対して私たちは時間と労働力を提供し、その対価としてお金を受け取っています。時間とお金を交換しているに過ぎないんです。

・貯金しなさい。
・無駄使いしちゃダメだよ。

親や先生から口酸っぱく言われた言葉だと思います。こうした背景から、わたし達(日本人)はお金を貯めることに美学を感じるようになったのではないでしょうか。

繰り返しにはなりますが、お金は何かを手にいれる為の対価。つまり交換ツールでしかありません。

中国人はなぜ爆買いをするのか

地球儀中国

私たち日本人と対照的な国があります。その国は中国です。

中国人が高級デパートで爆買いするニュースをよく見かけますよね。

中国人はなぜ爆買いをするのでしょうか?あなたはこの問いに答えられますか?

中国人は「自分の国のお金を日本人のそれほど信用していない」これが答えです。

言い換えれば「お金が本来持っている役割は、交換の為のツールに過ぎない」ということを中国人が理解しているとも捉えることができます。

日本に住んでいる私たちの立場ではピンとこないかもしれませんが、お金の価値は政治や社会的情勢に大きく左右されます。お金を沢山持っていても、ただの紙切れ(価値のないもの)になることさえあります。

であれば「紙切れになる前(価値があるうち)に欲しいモノに換えておく」

この考え方こそ、中国人の爆買いの要因ではないでしょうか。

お金<時間が大切

ビックベン

仕事の対価=お金のみ

そんな方は注意です。お金は、手に入れて失い、また手に入れることができます。

一方で、時間は有限です。ただ失うことしかできません。

何が言いたいかというと、「お金<時間」が大切ということ。

仕事の対価としてお金だけしか手に入れていない。

そんな方は、ちょっと引いてみて「仕事と対価が成立しているのか」を考えてみてください。

スポンサーリンク

お金との付き合い方

空を見上げる人

ここまではお金の価値について解説してきました。

お金が交換のツールでしかないのであれば、わたし達はお金をどのように交換していけばいいのでしょうか?

お金は「信頼、経験」と交換する

メンバー

いざという時にあなたを助けてくれるのはなにか。

それは、お金ではありません。これまでに培ったあなた自身のスキル、そして周囲の仲間たちです。

貯金をしているからお金はある。そんな状態でも、あなたがいざ困難に直面した時に力を発揮してくれません。困難を乗り越えることもできません。

あなたが本当に困った時に頼りになるのは、あなた自身のスキルであり、本当の意味で頼りになる仲間たちなのです。

つまり、お金に交換するべきモノ。それは「あなたのスキルを磨くモノ、そしていざという時に頼りになる仲間たちとの信頼関係」ではないでしょうか。

普段から人に必要とされていなかったら、いざという時に手を差し伸べてくれる人はいないでしょう。

この人だから助けたい。

お金ではなく、そう言ってもらえるように「信頼と経験」を貯めることが大事だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

Summary

今回は、本当のお金の価値というテーマでお話ししてきました。

記事の内容を要約しておきます。

 ・お金は交換ツールでしかない
 ・お金<時間が大切
 ・お金は「信頼・経験」と交換する。

お金の真実だけでなく、幸せ、人生、経営、成功の本質も知りたい。という方はこちらがおすすめです。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました