【問題解決】人生やることが多すぎる…現代社会を生き抜くために

表紙教育

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

悩む人
悩む人

人生やることが多すぎる…

そんなお悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

人生でやることが多すぎると、時間や精神面での余裕もなくなってしまいます。

やることがいっぱいで常に何かに追われていたりすると、あなたにとって本当に大切な時間を見失うことにもなりかねません。

今回の記事では、「人生でやることが多すぎる」という悩みを抱えている方に向けて、対処法3つをお伝えします。

ぜひ最後まで読んで、あなたの生き方をいま一度見つめ直す機会にしてみてください。

スポンサーリンク

人生やることが多すぎる…という悩みへの対処法を3つ解説

ノート

さっそくですが、人生やることが多すぎる…という悩みへの対処法は以下の3つ。

 ①物事に優先順位をつけ、取捨選択をする
 ②あなたにとって、必要な情報をインプットする仕組みを作る
 ③チームや周囲の仲間と分業制で物事を推進する

順を追って解説します。

スポンサーリンク

物事に優先順位をつけ、取捨選択をする

デスクとパソコン

1つ目の対処法は「物事に優先順位をつけ、取捨選択をする」となります。

悩む人
悩む人

これもやらなきゃ…あれもやらなきゃ…

そんなお悩みはありませんか?

やらないといけないタスクが多すぎて疲弊する人を多く見かけます。

でもそのタスクって、「本当にやらなければいけないこと」ですか?

言われたことを単にこなすだけのYesマンになってしまっては、タスクは増えるばかりです。

「そのタスクは本当に必要なのか」を一度自分で考えてみて、必要がないと感じたらやる必要はないです。

会社員の方は、場合によっては上司に相談してみてタスクを減らすのもいいでしょう。

これはミニマリストの本ですが、物事の優先順位をつけ、取捨選択をする思考法が書かれている良書です。

情報やモノ、タスクが溢れている現代社会を幸せに生き抜くためのヒントを学べます。

わたしもこの本を読むことで、自分のマインドを整理することができ幸福度が上がりました。

スポンサーリンク

あなたにとって、必要な情報をインプットする仕組みを作る

PC

2つ目の対処法は、「あなたにとって、必要な情報をインプットする仕組みを作る」です。

インターネットの発展により、あらゆる情報にカンタンにアクセスできる便利な時代になった反面、

膨大な情報が手に入るあまり、「あれもしなきゃ。これもしなきゃ。」と時間に追われた経験はありませんか?

なにが言いたいかというと、「あなたにとって、本当に必要な情報は何かを整理し、必要な情報をインプットする仕組みを作ることが大切」だということ。

『情報量』が武器になるのではなく、『情報の選択』が武器になります。

あなたが成し遂げたいことはなに?そのために必要な情報は?

なんでもかんでも情報をインプットしようとしたら、キリがありません。

『自己理解』『情報の取捨選択』を意識してみるといいかもしれませんね。

↓音声学習で時間を有効活用したい、という方はこちらで詳しく解説しています。

スポンサーリンク

チームや周囲の仲間と分業制で物事を推進する

拳

最後になりました。もう少しだけお付き合いください。

最後の3つ目は、「チームや周囲の仲間と分業制で物事を推奨する」です。

1日24時間。わたし達に与えられた時間はみな平等です。

時間は有限であり、その中であらゆる項目をやりくりしなければいけません。

マーケティングが得意な人もいれば、体力がある人、財務のスキルに長けている人がいたりと、人それぞれ「強みと弱み」があります。

あるプロジェクトを達成するために長所を相乗効果で遺憾無く発揮し、短所を補い合う。

人は支え合って生きていて、誰かの助けを借りるのは決して恥ずかしいことではありません。

チームや周囲の仲間と協力しなから物事を推進するのは大事なマインドであり、現代を生き抜くために求められるスキルではないでしょうか?

言葉で言うのはカンタンですが、実際にそれぞれの持つスキル(個性)を理解し、最大限に活かすのは一筋縄ではいきません。

そのためにリーダーがいて、そのリーダーに自分自身なります。

スポンサーリンク

【問題解決】人生やることが多すぎる…現代社会を生き抜くために:まとめ

Summary

いかがでしたか?

今回は、「【問題解決】人生やることが多すぎる…現代社会を生き抜くために」というテーマでお話ししました。

最後に、今回の記事で取り上げた「やることが多すぎる人への対処法」をまとめておきます。

 ①物事に優先順位をつけ、取捨選択をする
 ②あなたにとって、必要な情報をインプットする仕組みを作る
 ③チームや周囲の仲間と分業制で物事を推進する

一緒に前を向いて頑張っていきましょう。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました