【初心者必見】最低限揃えたい登山グッズ3選!

表紙 登山

こんにちは。まさどな(@km_nh8)です。

・登山を始めてみたい。

・登山初心者です。

そんな方に向けた内容です。

山の天候は変わりやすいです。気温差の激しい山では装備品を揃えておかないと命に関わる危険さえあります。

楽しく、そして安全な登山をするために最低限揃えておきたいグッズ3つをあなたに紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

メレル カメレオン7 ストーム ミッド ゴアテックス

ランニングシューズでも大丈夫?

結論、ダメです。登山はそんなに甘くはありません。

登山道は岩場・火山石・砂利など足場が悪く、傾斜が激しい道を歩くことにもなります。

「ランニングシューズは軽量で歩きやすい」と考えがちですが、トレッキングシューズを必ず買ってください。

ランニングシューズだと滑ります。足への負担もかかるため危険です。

トレッキングシューズが必要なのは理解できたけど、種類が多すぎる…何を買えばいいのか分からない。

そんな方にはメレル カメレオン7 ストーム ミッド ゴアテックスをおすすめします。

特徴をまとめます。

 ・トレッキングシューズが初めての方にも履きやすい設計。

 ・ゴアテックスを使ったアッパーによる、悪天候をものとのしない防水性能。

 ・長時間の歩行もこなせる軽量化、悪路でも安心な安定性の両立を実現。

スポンサーリンク

「THE NORTH FACE」 クライムベリーライトジャケット

標高が高くなればなるほど、気温は下がります。防寒対策は登山の基本中の基本です。

地上と山の上では気温が大きく違い、現地の天気予報や気温を調べるのが一番ですが、1000m(1km)登る毎に気温は約6.5℃下がります。例えば、標高3000mの山の上では地上に比べ約20℃低い事になります。

https://hp.otenki.com/486/

あなたが想像している以上に、山では気温が低くなります。

8月下旬の富士山の頂上は氷点下。氷柱も見られました。

山は天候が変わりやすいので、急な大雨や強風への対策も必須です。

そこでおすすめなのはノースフェイスのクライムベリーライトジャケット。通常のゴアテックスとは違い、特殊に編みこまれた「C-KNIT」を採用していることが特徴です。

 ①着心地が抜群:ゴアゴア感がなく、柔らかくしなやかなウェアを実現。

 ②軽くてコンパクト:通常のジャケットよりもかなり薄く、重さは約250g。

 ③雨風に強い:表地には撥水・防水性に優れるリップストップナイロンを使用。

買って後悔することはない「優れもの」です。

スポンサーリンク

「THE NORTH FACE」 BIG SHOT II NM71450 32L

登山には、自分に合った最適なリュックを選ぶことが重要となります。(目安サイズ:日帰り or 山小屋での1泊2日の場合「32L」)

登山者はもちろんのこと、バックパッカーにも人気がある「THE NORTH FACE」 BIG SHOT II NM71450はいかがでしょうか?

▽ポイント

 ・耐久性の高い高ナイロン素材を採用。

 ・32Lの大容量で、収納スペースが充実。

 ・長時間背負っても疲れを感じないフィット感を実現。

自分にとって最適なリュックを選ぶためにも、実際にスポーツショップで背負ってみるといいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

Summary

登山は楽しいですが、危険も隣り合わせです。

楽しい登山には、「安心・安全を考慮した装備品」が必須です。

今回ご紹介した3つの登山グッズは、一般的にみれば値段は高いです。しかし、「安全面」「耐久性」・「用途の広さ」を考えたら妥当。いやむしろ安い方だといえるのではないでしょうか?

本記事が、あなたの安全で楽しい登山のお役に立てれば幸いです。

以上、まさどな(@km_nh8)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました